読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8. はいる、はいる。

この冬は学校の授業でVR(バーチャルリアリティー)のゲーム作りに明け暮れている。何十年も前からVRのプラットフォームを作ろうという人はいたが、今やっと、テクノロジーがVRを可能にするところまで来て、流行り始めている。

とは言え、まだまだ完璧とは言えず、VR酔いというものがある。例えば、車に乗っている時に、三半規管は曲がるときや加速、ブレーキの時に加速度を感じるが、目は車の中を見ているので目の情報と三半規管の情報が矛盾する。そうなると、体は毒が入ったから情報が矛盾している、吐き出せ!と吐き気を促す。VRも同じで、目は加速度を見ているのに、三半規管がそれを感じないから吐き出す。グーグルのエンジニアがCardboardやDaydreamを開発する時にはいつ吐いてもいいようにバケツを横に置いていたという。(ちなみに三半規管を直接刺激してVR酔いを無くすデバイスを開発している企業もある)

このVR酔いを促さないための注意点として、移動は一定速度で加速、減速はしないといったり、もしくは移動しないか移動はテレポーテーション形式にというものがある。VRの良さとして、現実では不可能を可能にするという点がある。スーパーパワーが一つの例だ。ちなみに、スーパーパワーを使えるのにテレポートでしか動けなかったり、まっったく動けないスーパーヒーローなんかいやしない。いや、待てよ、バッドマンも、ジェームズボンドもいつも敵に捕まって、動けなくなるじゃないか。じゃあそこから逃げ出すというコンセプトのゲームを作ろうと開発されたのがI expect you to dieという、数々の賞をとったゲームである。

そのゲームを開発した会社のCEOが言っていたが、今まであるゲームをVRに移すのは意味がない。VRはゲームのあり方を変えるのだ。例えば今までのゲームでは銃は打つもの、ナイフは切るものと役割が定まっていたが、例えばナイフをスクリュードライバーがわりにも使えるし、VRでは実際にそうしようという人が多かったと、現実にこうするということをなんでもできるようにしないといけない。逆に、現実に起こりうることが起きない場合は「やっぱり所詮フェイクだ」と没入感が一気になくなってしまうという。

VRに対し、ARはマイクロソフトのホロレンズが空間認識のレベルが高く半分実用化レベルまで来ているが、スクリーンが小さすぎる。スクリーン技術と画像認識の技術がもう少しすればARも可能になるだろう。VRやARがこれからのゲームをどう変えているかを考えると面白い。例えば、サッカー場でサッカーをするが、サッカーボールを使わずにARでサッカーボールを映し出し、実際に走り回るが、シュートは少林サッカーばりにできるようになったりしたら、半分スポーツ、半分ビデオゲームのようになるだろう。もしかしたら、ARサッカーのリーグなんかも生まれるかも知れない。

いずれにしよ、VRとARはこれからの人の活動を大きく変えてく可能性があり、すごく興味深い。