8. はいる、はいる。

この冬は学校の授業でVR(バーチャルリアリティー)のゲーム作りに明け暮れている。何十年も前からVRのプラットフォームを作ろうという人はいたが、今やっと、テクノロジーがVRを可能にするところまで来て、流行り始めている。 とは言え、まだまだ完璧とは言…

7.まなび、きわめる

大学での研究といっても様々な種類の研究がある。研究者、というとなんとなく思い浮かぶイメージがあるだろうが、時代の流れ的に社会における研究の位置付けが変わりつつあるように感じる。特に、基礎研究よりも社会を変えるという位置付けの研究が盛んにな…

6. ふぉーかす

孫正義2.0新社長学という本を読んで、集中することとは、いかに何かをしないことだ、といった内容が心に妙に刺さった。もちろん、それがメインの内容ではないし、文章中にヒョンと出て来ただけのことなのだが、その言葉が頭から離れない。 今は、大量消費の…

5. ごちゃごちゃ

わかりやすい標語が世の中に溢れている。「筆圧に注意すれば成績があがる」であったり、「東大生のノートは美しい」であったり。参考書などではこういう裏技をすれば問題が解けるであったりとか。 わかりやすい言葉は、なるほど!とインパクトを与えるのに有…

4. 書いて、考えて。考えて、書いて

英語を中心にして生活をしていると、英語で考えることが割と増える。特に、英語で獲得した概念などを考える時、日本語では表すことができないので英語で考えざるを得ない。数学を考える時は数字や記号という言葉、図形を考える時は線や曲線、放物線という言…

3. ぐらぐら

映画を見ている時、主人公が自分にとって何も特にならないのに「正しいことがしたいから」と言って何かをしようとする時が一番好きだ。綺麗事でも、都合が良くても、正しいことをしようとしている人はかっこいいと感じてしまう。 一方で、ある有名人が不倫を…

2. 隠せ、隠せ

久しく会う友人や、新しく会う人と話していると、自尊心がニョキニョキと育ち出す。目の前にいる人に、自分の価値を伝えるべくどうにかしようとしている自分に気づく。あからさまに言っては偉そうに聞こえる。そうだ、この話をすればそっからこのトピックに…

1. 押し寄せては押し寄せて。

メールを受信すると、すぐには見ない。見てもすぐには返信をしない。もしかしたら一つのメールを元に何かをしないといけなくなるかもしれないし、返信をするとまた次のメールが来るかもしれない。メールは来てしまっているという事実は変わらないのに僕はそ…